TOPへ↑
MDaemonメールサーバーソフトウェア

ActiveSync for MDaemonのITポリシー

MDaemonのオプションライセンスであるActiveSyncを使うと、メールや予定表などのデータが、スマートフォンと社内のMDaemon間で双方向に同期できるようになります。ただ、そうなると心配になるのがセキュリティですね。ActiveSync for MDaemonでは、データの同期と併せて、セキュリティポリシーの適用も行えます。

メールのリコールによる誤送信対策

ポリシーは予めご用意しているものの他に、自社環境に合わせた設定を入れたポリシーをいくつでも作成して頂けます。ドメインや部署毎にそれぞれのITポリシーを適用、といった事ももちろんできます。

使用できる主なITポリシー

パスワード関連

  • パスワードを必須とする
  • 英数字を必須とする、最小何文字以上にするなどの複雑さ設定
  • デバイスの暗号化
  • パスワード有効期限を設ける
  • パスワード連続失敗の最大回数と、それを超えた時のアクション設定
  • ロックがかかるまでの時間

同期関連

  • 添付ファイルのダウンロード
  • ダウンロードする添付ファイルの最大サイズ
  • メール、予定表の同期対象期間

利用許可

  • ブラウザ機能の使用可否定
  • カメラ機能の使用可否
戻る ページトップへ戻る
WarePortal