MDaemon 17の新機能

グループウェア、スマートフォン管理、メーリングリスト、Webメール、メールセキュリティも搭載した SMTP、IMAP/POP3対応のWindows向けメールサーバーソフトウェア

2017年5月17日 17.0.1をリリースしました。


MDaemonの新機能

Dropboxとの連携

Dropbox(ドロップボックス)とは、パソコンやスマートフォンの間でデータ共有やフォルダ同期が行える、オンラインストレージサービスです。2GBのディスクスペースまでは無償で利用する事ができ、これを超える場合は1TBからご利用頂けるBusiness EditionやPro Editionをご利用頂けます。Windows/Mac/Linux/iPhone/iPad/iPod/Androidの間で、簡単にファイル共有が行えるため、様々な環境・要件でご利用頂いております。

MDaemon version 17では、標準搭載されているWorldClientとDropboxの連携機能を新たに搭載しました。受信メールに対しては、メールの添付ファイルの隣にDropboxアイコンが表示されるようになりました。アイコンをクリックすると、添付ファイルがユーザーのDropboxアカウントの/WorldClient_Attachmentsフォルダへ保存されます。WorldClientとLookOutテーマのメール作成画面では、ユーザーがHTMLエディタのツールバー左上にあるDropboxアイコンをクリックし、Dropboxアカウントのファイルを選択できるようになります。


Let's Encryptによる自動暗号化

Let's EncryptとはTransport Layer Security (TLS)の暗号化用のキーを無償で提供する証明書の認証局です。従来、安全なウェブサイトを実現するためには、証明書の手動生成や検証、署名、インストール、更新が必要でしたが、Let's Encryptはこうした複雑なプロセスを軽減するため、自動処理を行えるよう設計されています。

XMPPサーバーを搭載

WCIMがWorldClient独自のプロトコルではなくXMPPプロトコルに対応しました。これによりWCIMデスクトップクライアントは他の WCIMクライアントはもちろん、(モバイルクライアントを含む)MDaemonのXMPPサーバーへ接続しているサードパーティー製のXMPPクライア ントとも通信できるようになりました。 WCIMには、WorldClientへ接続し新着メール通知とメール数をカウントする「WCMailCheck」と、XMPPサーバーへ接続しインスタ ントメッセージを行う「WCIMXPP」という2種類の通信があります。バージョン17へアップデートすると、WCIMはIMの連絡先を古いシステムから 自動的にXMPP用に変換し、WCIMXMPPアカウントを生成します。

MDaemon Health Check

MDaemonヘルスチェックという新しいトラブルシューティング用のユーティリ ティを追加しました。このツールでMDaemonの(AV, SPAM, SSL等の)セキュリティ関連設定が推奨値以外の設定になっているかどうかを確認する事ができます。ユーザーは推奨値ではない設定値を推奨値へ変更する事 ができます。また、この機能はMDaemon\Logsフォルダへ(設定が行われていない事に対しての)エラーや警告をログとして残すようになります。 ユーザーは直近のログをこのツールから確認する事ができます。MDaemon管理画面の[ヘルプ]メニューに新しいメニューやツールバーが追加されまし た。


MDaemonの各種アップデート

Remote Administration

Remote Administrationは、ブラウザでご利用頂けるMDaemonの管理ツールです。管理者アカウントでログインすればログの確認や設定変更が行え、エンドユーザーアカウントでログインすれば、自分自身のパスワード変更等が行えます。


  • メーリングリスト管理

    管理者アカウントでは、複数のメーリングリストメンバーの設定を一度に行えるようになりました。

  • 脆弱なパスワードの確認機能

    Remote Administrationのパスワードオプションへボタンを追加し、全てのアカウントの中で弱いパスワードを使用しているものに対して、パスワード変更が必要なアカウントとしてフラグを追加する事ができるようになりました。これによりアカウントがロックアウトされ、警告文が表示される場合がある事にご注意下さい。パスワードはWorldClientやMDaemon Remote AdministrationのUIで変更できます。

  • ドキュメントフォルダアクセス権

    全体設定又はユーザー毎に、WorldClientのドキュメントフォルダに対するアクセス権を変更できるようになりました。


ブラウザ管理ツールRemote Administrationのご紹介

WorldClient

WorldClientは、メール・予定表・連絡先・仕事の管理がブラウザで行える、MDaemon標準搭載のウェブメール機能です。標準メーラーとしてもご利用頂ける機能も数多く搭載しており、簡易チケットシステムやドキュメント管理などで、他のユーザーとのコラボレーションも楽に行えます。


  • 添付ファイルの処理方法を強化

    Dropboxと連携している場合は、メールへ添付するファイルとしてDropboxへ保管されているファイルを選択できるようになりました。また、 受信した添付ファイルについては削除ボタンを追加し、添付ファイルを必要に応じて削除できるようになりました。

  • 予定表のダウンロードとデスクトップ通知

    予定表をiCalendar/webcalフォーマットでダウンロードできるようになりました。現在、OutlookやGoogleカレンダー、Mac iCalといったアプリケーションを使っている環境でも、MDaemonで登録した予定表を簡単にインポートできるようになります。併せて、イベントと仕事のデスクトップ通知機能を追加し、指定時間に通知してくれるようになりました。

  • 送信予約

    WorldClientの メール作成画面から、メールを送信する日時を、各ユーザーが送信予約できるようになりました。


ウェブメールWorldClient for MDaemonのご紹介

最新バージョンへのアップデートをぜひご検討下さい。