TOPへ↑
MDaemon Messaging Server

MDaemonのライセンス登録とアクティベーション

MDaemonはご購入後、ライセンス登録とアクティベーションが必要です。 MDaemonサーバーが直接インターネット接続(80番と443番ポートへのアクセス)が行える環境であれば、ライセンス登録後、アクティベーションはバックグラウンドで自動実行されます。

アクティベーションは、ご購入頂いたライセンスが不正に利用される事がないよう、お使いのサーバー情報を開発元であるAlt-N社へ送信します。そこで、ハードウェアの入れ替えなど、サーバー情報の変更が予定されている場合は、旧サーバー側でアクティベーションの解除を行った後、新サーバー側で再度ライセンス登録とアクティベーションを行ってください。

アクティベーションの解除方法は、以下をご参照ください。

アクティベーションが正しく行われているかどうかの確認方法については、以下をご参照ください。

ライセンスの登録・更新方法

  1. 「ヘルプ」メニューから、「Alt-n製品のライセンス登録」を選びます。
  2. 登録ダイアログが起動します。ライセンスをご購入頂いた際にお知らせしたライセンスキーを、「MDaemonの登録キー」欄に入力してください。既に入力済のライセンスがある場合は、その情報を上書きします。
    ライセンス登録後、MDaemonは自動的に再起動を行います。
  3. MDaemonの再起動後、自動アクティベーションが行えない場合はアクティベートウィザードが起動します。手動でのアクティベーションを行ってください。
  4. アクティベーションが完了したら、登録情報の確認を行ってください。
ページトップへ

手動でのアクティベーションの方法

プロキシーサーバを介している場合など、MDaemonサーバーが直接インターネット接続できない(直接80番、443番ポートへのアクセスが行えない)環境の場合は、手動でのアクティベーションが必要です。手動でのアクティベーションは次の方法で行ってください。

  1. 「ヘルプ」メニューから、「Alt-n製品のアクティベーション」を選びます。
  2. アクティベートウィザードが起動します。
  3. 「次へ」をクリックします。
  4. 製品のアクティベートを行います。『手動でアクティベートする』にチェックを入れ「次へ」をクリックします。
  5. 次の画面が表示されます。URLをクリックしてアクティベーション用のページが表示される場合は、次の手順へ進んでください。

    アクティベーション用のページを表示できない場合は記載されている「登録キー」「コード」「製品」「言語」「バージョン」を書き写し、インターネット接続できる端末から、記載されているURLへアクセスしてください。
  6. 先ほどの登録キー等の情報をここで入力し、「Generate」ボタンをクリックします。

    アクティベーションコードが表示されますので、こちらを手順3.の画面の、「アクティベーションコード」の欄へ入力してください。
  7. 「MDaemonが有効になりました」のメッセージが表示されたら「完了」をクリックして下さい。
  8. アクティベーションが完了したら、最後に登録情報の確認を行ってください。
ページトップへ

アクティベーションの解除

ハードウェアの入れ替えなど、MDaemonを再インストールする場合には、元々MDaemonが稼働していたサーバー側で、アクティベーションの解除が必要です。アクティベーションの解除は、以下の手順にて行ってください。

  1. 「ヘルプ」メニューから、「Alt-n製品のアクティベーション」- 「MDaemonのアクティベーション解除」を選びます。
  2. アクティベーション解除を行うためのウィザードが起動したら、[次へ]ボタンをクリックします。  
  3. 「Deactivation in ・・・」画面が現れ、しばらくすると完了画面が表示されます。  
  4. 完了後は評価版の評価期間終了状態となります。(設定は残ります)  
ページトップへ

登録情報の確認

アクティベーション後、現在の登録情報の確認を行うには、画面左側のメニューから、「設定/ユーザ」-「登録」をクリックすると、MDaemonとオプションライセンスの登録状況がご確認いただけます。また、ヘルプメニューの中の「バージョン情報」からは、お使いの各コンポネントのバージョン、登録済ライセンス、アップデートプロテクションの残り日数、アクティベーションの成功/失敗のステータスがご確認頂けます。

ページトップへ


ユーザー登録やダウンロードはこちらから

関連製品・オプションライセンス
取扱い製品のご紹介
ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルTwitterをフォロー ウェアポータルfacebookページ
WarePortal