MailStore

システム管理者によるメール本文の閲覧ブロック

システム管理者はすべての権限を持っています

IT部門のシステム管理者はそのコンピュータにおける管理者権限を持っていますので、アーカイブされた すべてのメールデータにアクセスすることができます。しかし組織のメールデータには、機密情報やプライバシーに 関わるものも少なくありません。例え信頼のあるシステム管理者であっても、不要な疑いを避ける意味でも システム的な操作権限とメールコンテンツの閲覧権限を分離が望ましい場合があります。

運用業務に影響を与えることなく情報を閲覧を制限

MailStoreでは、システム管理者に対して、アーカイブ領域やメールデータの操作といった通常の権限はそのままに、 メール本文の閲覧だけをブロックすることができます。 システムの運用に支障を及ぼすことなく、万が一の情報の流出も防ぐことができ、 システム管理者と監査者の権限を明確に分離することができます。

本文のプレビュー禁止



ページトップへ


Copyright c 2013-2015 WarePortal