TOPへ↑
MailStore

MailStoreによるMDaemon Messaging Serverのアーカイブを行うメリット

MailStore ServerMDaemon Messaging Serverの標準アーカイブ機能と比較し、どのようなメリットがあるのかをご説明します。



優れた検索機能で膨大なアーカイブから必要なメールを素早く検索

MDaemonのBlackberryサポート

MailStoreは、アーカイブメールからの検索にはデータベースを使っています。そのため、蓄積された膨大なアーカイブメールから必要なメールをすぐに探し出せます。

MDaemonの場合

MDaemonのアーカイブ機能は、アーカイブしたメールをクライアントPCから権限を持つアカウントからのIMAP接続でご覧いただけるようになっています。

そのため、通常のメールソフト(OutlookやThunderBird等)からアーカイブデータへアクセスすることができますが、一方で特定の条件を指定したメールの検索においては、メールソフト側の検索機能を使用します。

メールソフト側では、基本的に個人として送受信したメールの検索を前提とした検索機能を実装しているため、全社的なボリュームのメール検索においては、多くの時間がかかる場合があります。

MailStore Serverを併用した場合

MailStore Serverが取得したメールアーカイブは、自動的に検索に適した形でデータベースに格納されていきます。

そのため、ユーザー様がご自身のアーカイブメールからの検索はもちろんのこと、システム管理者様による全社レベルの範囲からの検索を実行しても、その検索はすばやく行えるようになっております。

ページトップへ

アーカイブメールをエンドユーザーへ自動振分け

アーカイブしたメールは自動的にユーザーに割り当てられます。  そのため、システム管理者様の運用負荷を大きく軽減できます。

MDaemonの場合

 アーカイブしたメールをパブリックフォルダ内に、各アカウント毎に自動的に作成、 保存します。   もちろん、保存したアーカイブメールは、権限のあるユーザーにしか見れず、   デフォルトでは、”Postmaster”権限のあるユーザーにしか閲覧できません。  

 一方で、各アカウントに各個人のアーカイブしたメールを閲覧させるためには、個別にその権限を与える必要があります。これは、MDaemonメールサーバが考えるセキュリティでもあります。

MailStore Serverを併用した場合
MDaemonのBlackberryサポート

 MailStore Serverに登録されているアカウントにおいては、メールサーバからアーカイブ対象のメールを取得した際、自動的にアカウント毎に各自のアーカイブメールへのアクセス権が割り当てられます。

もちろん、すべてのメールアカウントにアクセス権が与えられるわけではありません。 MailStoreがアクセス権を与えるアカウントは、MailStoreに登録されたアカウントに 対してだけ、付与します。 (MailStoreに登録するアカウントは、必ずしも全MDaemonアカウントである必要はありません。MailStoreに登録されていないアカウントのメールはMailStoreは無視します。よって、メールアーカイブが必要なユーザーだけをご指定頂けます。)

そのため、システム管理者様にとっては、アーカイブ及び閲覧を行わせたいユーザーをMailStoreサーバにご指定頂くだけで、あとは自動的にアーカイブとその権限を割り振ることが行えるため、運用負荷を最小限かつ必要充分に抑えることができます。

ページトップへ

アーカイブ領域の圧縮&暗号化

アーカイブ領域を圧縮、暗号化します。  そのため、メールアーカイブ領域の省スペース化、機密性を確保します。

MDaemonの場合

基本的にMDaemon内のパブリックフォルダへメールコピーの保存で行います。そのため、メールサーバ内のアーカイブ領域のディスク容量としては、蓄積されていくことを前提とした大きな領域をあらかじめ用意しておく必要があります。また、Windowsコンソールから直接エクスプローラで、アーカイブメールをファイルとして操作(コピー、移動、削除)することが、MDaemonとしては記録されることなく行えます。これらの点は、MDaemonとして、良い面と懸念される面があります。

良い面としては、

   
  • アーカイブされたメールファイルが、圧縮されていないファイルであるため、システム管理者様によるエクスプローラからのファイル操作で素早く戻せる点。   

懸念される面としては、

  
  • アーカイブされたメールファイルは、圧縮されていないため、そのメール流量により、実際のメールファイルの2倍以上の領域を必要とする点。    
  • システム管理者様であれば、アーカイブされたメールファイルを直接操作により、コピーや移動、削除がログに記録されることなく行えてしまう点。(コンプライアンス的な視点での懸念事項)

MailStore Serverを併用した場合
MDaemonのBlackberryサポート

MDaemonサーバから取得したアーカイブメールは、MailStore Server内で、自動的にデータベースへの格納及びメールファイルの圧縮を行います。加えて、データベース内に格納されたメールファイルは暗号化されます。

この2点により、メールアーカイブ領域の省スペース化が行えるのに加え、データベース経由でのアーカイブデータへのアクセスとなるため、MailStore Serverとしてのすべての操作ログを記録しながらの取り扱いを可能とします。

ページトップへ


Copyright c 2013-2015 WarePortal