Outlook PSTファイルの直接アーカイブ

MailStoreでは、PSTファイルを直接アーカイブすることができます。OutlookからEメールをアーカイブするのと比較して、ユーザーやユーザーのコンピューターとは独立してアーカイブタスクの作成や実行が行えるという利点があります。そのためには、管理者として、お使いのコンピューターからユーザーの個々のPSTファイルにアクセスできる必要があります。(例えばネットワークドライブでの接続によって)

ご注意ください: MailStore Clientを使ってPSTファイルをアーカイブするコンピューター上に、選択したPSTファイルと互換性のあるバージョンのOutlookがインストールされている必要があります。例えば、Outlook 2007のPSTファイルをアーカイブするには、対応するバージョンのOutlookがインストールされている必要があります。

PSTファイル用のアーカイブプロセスを設定するにはアーカイブプロファイルを使用します。アーカイブプロファイルについての一般的な情報は、『アーカイブプロファイルの操作』の章を参照してください。

PSTファイルごとに、以下の手順を行います。

  • ユーザーは自分のPSTファイルを各個人のユーザーアーカイブへアーカイブすることのみ可能です。他のユーザーのEメールをアーカイブするには、MailStore管理者としてMailStore Clientにログオンする必要があります。
  • 次に、MailStoreから「Eメールのアーカイブ」をクリックします。
  • 新しいアーカイブプロファイルを作成するには、アプリケーションウィンドウの「プロファイルの作成」にある「Eメールファイル」から、「Outlook PSTファイル」を選択します。

「Microsoft Outlookをアーカイブ」というダイアログウィンドウが表示されます。

  • ソースとして「PSTファイルに保存されたEメールのアーカイブ」を選択し、アーカイブするPSTファイルを指定して、[次へ]をクリックします。

ご注意ください: もしOutlook/Exchange環境でお使いの場合、Outlookで既存のPSTファイルを最初に開き、「ローカルのOutlookに保存されたEメールのアーカイブ」オプションを使うことでよりよい結果が得られます。この方法では、存在するすべての送信者と受信者のアドレスが正しく確実にアーカイブすることができます。

  • 必要に応じて、アーカイブするフォルダの一覧や、削除ルール、フィルタを調整してください

  • 管理者としてMailStore Serverへログオンしている場合は、ターゲットのアーカイブを指定することができます。このPSTファイルのアーカイブ先となる対象ユーザーを選択します。

  • 最後のステップで、アーカイブプロファイルの名前を指定することができます。[終了]をクリックすると、アーカイブプロファイルが「保存されたプロファイル」の一覧に表示され、必要であればすぐに実行することもできます。

アーカイブプロセスの開始

手動によるアーカイブプロセスの開始

MailStore Clientの開始ページで、「Eメールのアーカイブ」をクリックし、「保存されたプロファイル」の一覧から適切なアーカイブプロファイルを選択し、[実行]をクリックします。アーカイブプロセスが実行されると、進捗状況が表示されます。ここにはアーカイブされているEメール量の他、発生したエラーの情報も表示されます。

このプロセスはユーザーによって何度でも繰り返し実行することができます。MailStore は該当ユーザーのアーカイブにまだ保存されていないメールだけをアーカイブします。加えて、もしEメールがソースのアプリケーション(例えば、Microsoft Outlook)において、異なるフォルダへ移動されていたとしてもMailStoreはそれを検出し、MailStore内でもその移動の操作を同じように行います。

アーカイブプロセスの自動化

手動による実行に加えて、アーカイブタスクはスケジュールに応じて自動的に実行することもできます。既存のプロファイルを右クリックし、[スケジュール...] を選択します。このトピックについての詳細な情報は『アーカイブプロセスの自動化』の章を参照してください。

ご注意ください:アーカイブプロファイルを作成する際に、削除ルールを指定しない限り、MailStoreはソースアプリケーション(例えば、Microsoft Outlook)内のEメールを削除したり変更したりすることは決してありません。