スクリプトの使用

 
 

MailStore Server管理APIと同様に、MailStore Server管理シェルにより、スクリプトを使用して各種タスクを自動化することができます。このページでは、よくお問合せをいただくケースに対するソリューションを提供するスクリプトをまとめて説明します。

なお、この記事ではスクリプトの実行とあわせて、必要となる準備のステップについても説明します。


Windowsバッチスクリプトの使用

cmd.exe によるコマンドラインでWindowsバッチスクリプトを実行する前に、メモ帳等のテキストエディタでスクリプトを開き、"DON'T CHANGE ANYTHING BEYOND THIS LINE"と書かれた行より上に記述されている設定用の変数の値を、ご使用の環境に応じて修正します。シングルクォートやダブルクォートを変更しないよう注意してください。


Pythonスクリプトの使用

事前準備

スクリプトパッケージに同梱されているPythonスクリプトを実行する為には、Pythonのランタイムをインストールしておく必要があります。PythonのWindows用インストーラーは http://www.python.org からダウンロードすることができます。OSとしてLinuxをご利用の場合はお使いのディストリビューションのパッケージマネージャの説明書に従ってPythonのランタイムをインストールしてください。

スクリプトパッケージには MailStore Server管理APIのPython用ラッパーが含まれています。パッケージのダウンロード後、ローカルハードディスク上の任意のディレクトリに展開してください。

Pythonスクリプトの実行

Pythonスクリプトを実行する為に、まずは実行したいスクリプトファイルをエディタプログラムである"IDLE"(PythonのWindows用インストーラに含まれています)で開き、"DON'T CHANGE ANYTHING BEYOND THIS LINE" と書かれた行の上部に記述されている設定セクションを、ご使用の環境に合わせて調整します。シングルクォートやダブルクォートを変更しないよう注意してください。

スクリプトを実行するにはIDLE上で、 [Run] -> [Run Module] をクリックするかF5キーを押してください。新規ウィンドウが立ち上がり、スクリプトの標準出力や実行エラーの情報を確認することができます。

変更履歴

2013-04-17 新規: updateUserNames.py, mergeFolders.py
2013-06-25 バグ修正: MailStoreApi.RebuildStoreIndex が正しく動作しなかった問題を修正しました。