Postfixのメールアーカイブ

 
 

このチュートリアルではPostfixで構築したメールサーバーのアーカイブについて説明しています。MailStore Serverについての詳細はカスタマーポータルのMailStore資料ダウンロードにある製品マニュアルを参照して下さい。

 

MailStore ServerではPostfixのメールデータを複数の方法でアーカイブする事ができます。どの方法でアーカイブを行うかについては、正しいアーカイブ方法の選択を参照して下さい。


1. ユーザー情報の同期

ファイルベースのユーザーデータベースに加え、PostfixはSQLデータベースやLDAPでユーザー情報の管理や認証を行う事ができます。MailStore Serverも、Active DirectoryやOpenLDAPのLDAPに対応しているため、これらを使ってMailStoreとPostfix間でユーザー情報の同期を行う事をお薦めします。

注意点:batchを使ったIMAPメールボックスのアーカイブを行う際、MailStore Serverは存在していないユーザーを自動生成します。これらのユーザー認証はMailStoreの統合認証を行うよう設定されます。


2. 個別のメールボックスのアーカイブ

特定のユーザーが過去に受信したメールのアーカイブを行う場合は、この方法を選択して下さい。PostfixのようなMail transfer agentsはメールの配送と、mail delivery agentとして動作する場合には、ローカルのメールボックスに対する配送の役割しか持ちません。メールボックスの中にあるメールにMailStoreでアクセスする場合は、IMAPやPOP3サービス(一般的にmail retrieval agentと呼ばれています)がメールサーバー上へインストールされている必要があります。IMAPやPOP3でメールサーバーへアクセスできる環境であれば、IMAPやPOP3経由でメールボックスのアーカイブが行えます。


3. 複数ユーザーのIMAPメールボックスのアーカイブ

複数ユーザーが過去に受信したメールのアーカイブを、管理者側で一括アーカイブする場合には、この方法を選択してください。PostfixのようなMail transfer agentsはメールの配送と、mail delivery agentとして動作する場合には、ローカルのメールボックスに対する配送の役割しか持ちません。メールボックスの中にあるメールにMailStoreでアクセスする場合は、IMAPやPOP3サービス(一般的にmail retrieval agentと呼ばれています)がメールサーバー上へインストールされている必要があります。IMAPでメールサーバーへアクセスできたら、Batchを使ったIMAPメールボックスのアーカイブを参照の上、設定を行います。


4. 送受信メールを直接アーカイブ

今後やり取りされる全てのメールをアーカイブする場合には、この方法を選択してください。Postfix側で、全てのユーザーの送受信メールのコピーを、特定のメールボックスへ送るよう設定し、このメールボックスをアーカイブする事で、漏れなく全てのアーカイブが行えます。ここで使用するアーカイブ用メールボックスは、「マルチドロップメールアドレス」と呼ばれています。これは次のように設定できます:

 

Step 1:アーカイブメールボックスを準備

アーカイブメールボックス用に新しくユーザーを作成します。このユーザーへメールアドレスを割り当てます。例: [email protected]。Postfixで、全てのメールのコピーをこのメールボックスへ送るようmain.cfに次の行を追加します。:

 always_bcc = [email protected]

Step 2: MailStore Serverの設定

MailStoreで新しいメールボックスから定期的にアーカイブを取得するための設定を行います。 (例. 毎日11pm) この設定は、IMAPやPOP3のマルチドロップメールボックスのアーカイブ用プロファイルを使って行います。

注意点: この場合、 [email protected]メールアドレスは、どのMailStoreユーザーにも 関連付けしないで下さい。