MDaemon Messaging Serverのメールアーカイブ

 
 

MailStore ServerはMDaemonのメールデータを複数の方法でアーカイブする事ができます。どの方法でアーカイブを行うかについては、正しいアーカイブ方法の選択を参照して下さい。


1. ユーザー情報の同期

MDaemonは、独自ユーザーデータベースに加え、Active DirectoryやOpenLDAPといったLDAPを使ったユーザー管理や認証にも対応しています。LDAPとの同期を行っている場合には、MailStore Clientも同様に同期を行っておくことをお勧めします。


2. 個別のメールボックスのアーカイブ

アーカイブ対象を個別に設定するタイプのアーカイブです。IMAPサーバー情報やアカウント情報を入力する事でアーカイブが行えます。 MDaemonに限らず、IMAPアクセスが行えるメールシステム全てでご利用頂けます。

2-1. アーカイブの設定

それぞれのメールボックスで次の設定を行って下さい:

  • ログオン中のユーザーが自分のアーカイブを管理する時以外は、MailStore ClientへMailStore管理者としてログオンします。MailStore管理者だけが、他のユーザーのメールアーカイブを行う事ができます。
  • Eメールのアーカイブをクリックします。
  • プロファイルの作成の中のEメールサーバの一覧からAlt-N MDaemon を選択し、新しいプロファイルを作成します。
  • 設定用のウィザードが起動します。
  •  
  • 単一のメールボックスを選択します。
  • 以下の画面で、 Eメールアドレス, ホスト, アクセス方法, ユーザー名, パスワードを入力し、 テストボタンで登録内容をテストして下さい。

    IMAP-TLSやIMAP-SSLを使用している場合: SSLのセキュリティ警告を無視するオプションを必要に応じて選択します。通常、警告は商用の証明書をサーバー側で使っていない場合に表示されます。

    Arch mailboxes 01.png
  • 次へをクリックします。
  • " 必要に応じてアーカイブするフォルダの調整(IMAPの場合のみ)、削除ルール(IMAPの場合のみ)、フィルタ(IMAPの場合のみ)、タイムアウトまでの時間(秒)の調整を行います。タイムアウトまでの時間は、サーバーが極端に遅い場合などに、例外的に設定して下さい。
    Arch mailboxes 02.png
  • 次へをクリックします。
  • 管理者としてログインしている場合は、次の画面でアーカイブ対象とするユーザーを選択できます。
    Arch mailboxes 03.png
  • 最後に、アーカイブのプロファイル名を指定できます。 終了をクリックすると、プロファイルの一覧に作成したプロファイルが新たに追加され、アーカイブを即時実行する事もできます。

3. 1ステップで行う複数メールボックスのアーカイブ

  • MailStore Clientへ管理者としてログオンします。
  • Eメールのアーカイブをクリックします。
  • プロファイルの作成の中のEメールサーバの一覧からAlt-N MDaemon を選択し、新しいプロファイルを作成します。
  • アーカイブ設定用のウィザードが起動します。
    Mdaemon mailboxes 01.png
  • 複数のメールボックスを選択します。
  • 複数のメールボックスをアーカイブするにはメールアドレスと紐付られたMailStoreユーザーがMailStoreのユーザーデータベースに存在している必要があります。
  • ホスト名へMDaemonサーバーのホスト名かIPアドレスを入力します。
  • アクセス方法でMDaemonサーバーへアクセスするのに使用するプロトコルを選択します。IMAP-TLSIMAP-SSLの使用をお薦めします。

    注意点: 自己発行のSSL証明書でIMAP-TLSやIMAP-SSLプロトコルを使用している場合は、 "SSL警告を無視"オプションを選択して下さい。オプションを指定しない場合、タスクの実行に失敗します。

  • ユーザー名パスワードへ、アーカイブするMDaemonメールボックス全てに対してアクセス権を持っているユーザーの情報を入力します。通常はMDaemonの管理者アカウントを入力します。
  • 次へをクリックします。
    Mdaemon mailboxes 02.png
  • 必要に応じてアーカイブするフォルダの調整や、削除ルールを調整します。デフォルトではメールボックスからメールは削除されません。タイムアウトまでの時間は、サーバーが極端に遅い場合などに、例外的に設定して下さい。ここで行った設定はアーカイブ対象となる全メールボックスへ適用されますのでご注意ください。
  • 次へをクリックします。
    Mdaemon mailboxes 03.png
  • アーカイブを行うユーザーを選択します。次のオプションが選択できます:

    設定されたEメールアドレスを持つ全てのユーザ

    MailStoreへメールストアと併せてユーザー登録した全員分のメールボックスをアーカイブする場合はこのオプションを選択します。

    次を除く全てのユーザ

    表示されているユーザー一覧から特定のユーザーのみアーカイブ対象外とするには、このオプションを選択して下さい。

    次のユーザのみ

    特定のユーザのみをアーカイブ対象とする場合に選択します。選択されたユーザのメールボックスだけがアーカイブされます。

    アーカイブする前にディレクトリサービスと同期する

    これが選択されていると、MailStoreのユーザー一覧はアーカイブ実行前に同期されます。例えばMailStoreに新入社員の情報を登録する場合などに便利です。アーカイブが一旦処理されればその後MDaemonのメールボックスは自動でアーカイブされます。このオプションは特にアーカイブ処理を定期的に行う必要のある環境で推奨しています。

  • 最後に、アーカイブのプロファイル名を指定できます。 終了をクリックすると、プロファイルの一覧に作成したプロファイルが新たに追加され、アーカイブを即時実行する事もできます。

4. 送受信メールを直接アーカイブ

MDaemonには、送受信メールの全てのコピーを、送受信が発生する度に指定のメールアドレスへ送信する機能がありますが、この機能とMDaemonのコンテンツフィルタ機能を使って、指定のサブフォルダ内へメールデータを全て格納します。格納されたメールデータを読み込み、アーカイブするのがこの「マルチドロップメールボックス」のアーカイブです。

4-1. Step 1: マルチドロップメールボックス用のアカウントを準備

  • MDaemonのアカウントマネージャから例えばmailstoreというアカウントを作成します。
     

4-2 Step 2: アーカイブ用のコンテンツフィルタルールを作成

  • セキュリティメニューのコンテンツフィルタを選択します。
  • エンジンが有効になっていない場合は有効にします。
  • 新規ボタンをクリックします。
  • 新しいルールの名前を入力します。例:"MailStore Archiving"
  • Conditions...からIf ALL MESSAGESをチェックし、Actions...からCOPY the message to FOLDER...をチェックします。
     
  • ウィンドウの下にテストエリアが表示されるので、specify informationのリンクをクリックします。
  • Copy message to folder...のウィンドウでBrowseをクリックします。
  • Step 1で選択したアカウントのディレクトリを選択します。
     
  • OKを押してパスを確定します。
  • 設定が完了しました。
     
  • OKを押すとコンテンツフィルタのルールが有効になります。

4-3. Step 3: MailStore Serverの設定

  • MailStore Clientを実行します。これはMailStoreのサーバーでも、他の端末でも構いません。MailStoreの管理者でログインして下さい。
  • Eメールのアーカイブをクリックします。
  • プロファイルの作成の中のEメールサーバの一覧からAlt-N MDaemon を選択し、新しいプロファイルを作成します。
  • アーカイブ設定用のウィザードが起動します。
    Mdaemon catchall 00.png
  • マルチドロップメールボックスを選択します。
    • 以下の画面で、 Eメールアドレス, ホスト, アクセス方法, ユーザー名, パスワードを入力し、 テストボタンで登録内容をテストして下さい。

      IMAP-TLSやIMAP-SSLを使用している場合: SSLのセキュリティ警告を無視するオプションを必要に応じて選択します。通常、警告は商用の証明書をサーバー側で使っていない場合に表示されます。

      Arch imap catch 02.png
    • 存在しないアドレス宛てのメールの処理やアーカイブ後のメール削除時にMailStoreから削除確認のメッセージを表示するかどうかなどの設定を調整します。アーカイブ用アドレスの処理に関する設定は、最新の注意を払って変更して下さい
    • 次へをクリックします。
    • タイムアウトまでの時間は、サーバーが極端に遅い場合などに、例外的に設定して下さい。
       
    • 次へをクリックします。
    • 最後に、アーカイブのプロファイル名を指定できます。 Finish をクリックすると、Profilesの一覧に作成したプロファイルが新たに追加され、アーカイブを即時実行する事もできます。