MailStoreによるメールアーカイブ

MailStoreを使ったメールアーカイブについて

Microsoft Exchangeのようなメールサーバ上のメールボックスからだけでなく、ローカルにインストールされたユーザーのメールクライアントからもEメールをアーカイブすることができます。すべてのアーカイブタスクは手動で実行したり、スケジュールに従って自動的に実行することもできます。

どの方法が最適であるかご不明な場合は、『正しいアーカイブの選択』を参照してください。

ここでは、アーカイブプロファイルや、特定フォルダのアーカイブ、アーカイブ後のEメールの削除、アーカイブプロセスの自動化に関する詳細をご説明します。

メールクライアント

Outlook、Thunderbird、その他のメールクライアントからのアーカイブ

他のすべてのアーカイブ機能とは反対に、これらのメールアプリケーションからEメールをアーカイブするにはMailStore Clientソフトウェアがユーザーのコンピューターにインストールされている必要があります。一度アーカイブタスクがセットアップされると、ユーザーによって手動で実行したり、スケジュールに従って自動的に実行することができます。このトピックに関する詳しい情報は、『Outlook, Thunderbirdその他からのEメールアーカイブ』の章を参照してください。

 

Eメールファイル

Outlook PSTファイルの直接アーカイブ

管理者として、他のMailStoreユーザーのMicrosoft Outlook PSTファイルをアーカイブすることができます。

EML、MBOXなどその他のファイルのアーカイブ

管理者として、他のMailStoreユーザーの.eml もしくは.msgファイルからEメールをアーカイブすることができます。

メールサーバ

Microsoft ExchangeもしくはOffice 365のメールボックスとパブリックフォルダのアーカイブ

MailStoreを使うと既存のExchangeもしくはOffice365上のメールボックスやパブリックフォルダをアーカイブすることができます。個別もしくは複数、あるいはすべてのメールボックスを1ステップでアーカイブできるだけでなく、Exchangeのジャーナル機能を使ってすべての送受信メールをアーカイブすることもできます。

Alt-N MDaemonのメールボックスのアーカイブ

MailStore はAlt-N社が開発し、世界中で広く利用されているメールサーバ製品MDaemon Messaging Serverに対し、ファーストクラスのサポートを提供します。MailStoreを使って、単一のメールボックスや、複数もしくはすべてのメールボックスを1ステップでアーカイブできるだけでなく、全ての送受信メールをアーカイブすることもできます。

Kerio Connectのメールボックスのアーカイブ

MailStore Serverは広く利用されているメールサーバ製品Kerio Connect email serverに対し、単一のメールボックスや、複数もしくはすべてのメールボックスを1ステップで簡単にアーカイブできるよう、特別なサポートを提供します。

IceWarp Mail Serverのメールボックスのアーカイブ

MailStore Serverは広く利用されているIce Warp Mail Serverに対し、単一のメールボックスや、複数もしくはすべてのメールボックスを1ステップで簡単にアーカイブできるよう、特別なサポートを提供します。

その他のメールサーバのアーカイブ

MailStoreを使うと、IMAPやPOP3プロトコルを使うその他のメールサーバ上のメールボックスをアーカイブすることができます。この中にはGoogle MailやWeb.deのようなWebベースのメールボックスも含まれます。MailStoreは単一のメールボックスや複数メールボックスを1ステップでアーカイブできるだけでなく、全ての送受信メールをアーカイブするために使われるキャッチオールメールボックスあるいはマルチドロップメールボックスからのアーカイブにも対応しています。

一般的な情報は以下のそれぞれの章を参照してください。

  • 単一のメールボックスのアーカイブ
  • IMAP/POP3マルチドロップメールボックスのアーカイブ
  • IMAPメールボックスのバッチアーカイブ

実際の手順はお使いのメールサーバによって異なります。いくつかのメールサーバについての詳細な情報は実装ガイドを参照してください。