TOPへ↑
ウェアポータルトピックス
Homeトピックススマートフォンの企業利用について

スマートフォンの企業利用について

スマートフォンを使っている人は今も日に日に増えていますが、最近では企業でもスマートフォンを利用しようといった動きが多くあるそうです。今回は、企業におけるスマートフォン導入の目的や導入のポイントについてご紹介します。

企業でのスマートフォン利用の目的

実際にスマートフォンを導入している企業は、国内で約15%と言われています。ただ、導入を検討している企業は、2012年で約30%に上るとのこと。理由としては、スマートフォンの利用について、社員から求められたから、というケースも多いそうです。そんな時、システム管理者としては、実際にどういう目的でスマートフォンを利用するべきなのか、悩んだりしますよね。ここで、実際に導入している企業が、スマートフォンをどのように使っているのかご紹介します。

社内のコミュニケーションの円滑化

社内のコミュニケーションの効率を向上させたり、社内連絡を簡単にするために、スマートフォンを活用するケースが最も多いそうです。具体的には、次のような機能を利用するそうです。

  • メールをスマートフォンへプッシュ配信
  • カレンダーのデータをプッシュ配信

お客様への営業連絡

営業担当者は、社外にいる事が多いのですが、社外からでもお客様と円滑にやり取りできるよう、スマートフォンを活用するケースも多いそうです。

  • スマートフォンから会社のメールアドレスを使ってお客様へメール送信
  • スマートフォンから電話する際、会社にある連絡先情報と、スマートフォンの電話帳を自動で同期し、参照

確かに、これなら便利だと思いませんか??

ページトップへ


スマートフォン導入のポイント

 

実際に導入にあたり、製品やサービスを選択する必要があるわけですが、その際のポイントをご紹介します。

スマートフォン紛失時の対処

社外へ持ち出す前提のスマートフォンを紛失してしまった場合、情報漏えいなどのリスクが一気に高まります。こんな場合に備えて、採用する製品やサービスが、次のような機能を搭載しているかどうか、確認しておく必要があります。

  • リモートワイプ機能
  • スマートフォンの端末パスワード設定機能

スマートフォンへの追加アプリケーションの有無

スマートフォン側へ、同期するための追加アプリケーションが必要な場合、初期導入にかかる手間と時間が一気に高まります。操作方法についての教育が更に必要な場合もあります。できるだけ、スマートフォン側で追加アプリケーションは必要なく、スマートフォンが持つ標準機能をそのまま使える製品やサービスの方が、初期コストが抑えられますし、教育の手間もありません。

関連製品

MDaemonのご紹介

MDaemonメールサーバーActiveSync for MDaemonをお使い頂くと、iPhone, iPad, BlackBerry, Android, Windows Phoneといったほとんどの機種で、スマートフォン標準のメーラーやカレンダー、連絡先と、会社のメール、予定表、連絡先とが同期できます。導入が楽で、既存システムとの親和性にも優れた製品です。

ページトップへ
Copyright c 2013-2015 WarePortal