TOPへ↑
ウェアポータルトピックス
Homeトピックスメーリングリストの活用方法

メーリングリストの活用方法

メーリングリストの仕組み



電話やメールは通常1対1でのやり取りですが、メーリングリストには、予め複数のメンバーを登録しておきます。メーリングリストは通常のメールアドレスと一見区別ができませんが、このアドレスへメールを送ると、メーリングリストに予め登録されているメンバー全員にメールが送られます。また、このメールへ返信すると、返信メールもメンバー全員に送られます。これで、複数同士でメールのやり取りが行えるようになります。

メーリングリストの仕組み

メーリングリストには、大きく、誰でも登録し参加できる「公開型」メーリングリストと、参加者のみが投稿できる、プライベートな「非公開型」メーリングリストがあります。今回は、メーリングリストの種類別活用例を特集しました!

「公開型」メーリングリストの活用例

「公開型」メーリングリストとは、誰でも自由に購読の開始や停止が行えるものを指す場合と、誰でも自由にこのメーリングリストアドレスに対してメール送信を行えるものを指す場合とがあるようです。

自由に購読が行えるメーリングリストには、メールの本文に、「SUBSCRIBE メールアドレス」などを入力してメール送信すると、購読を自動的に開始できるタイプのものも多くあります。管理者の確認を行わなくとも購読が開始できるので、公開型メーリングリストを活用するのにはとても有益な機能です。では、公開型メーリングリストがどんな用途で利用されているのかをご紹介します。

公開お問い合わせ窓口として

 

ホームページや一般に広く公開するお問い合わせ窓口としてメーリングリストアドレスを利用します。公開しているメールアドレスは覚えやすい方がよいので、例えば、service@ドメイン名.co.jpのようなメーリングリストアドレスを公開しておき、複数の関係者をメンバーとして登録しておくと、お問い合わせする側にも便利ですし、メンバーが変わった場合であっても、公開しているメールアドレスの変更を行う必要がなくなります。

新着情報の発信に活用

 

ニュース配信用メディアとしてメーリングリストを活用することもできます。ユーザーは、配信を希望するメーリングリストへ自身で購読登録するだけなので、管理の手間もかからず簡単に新着情報を必要なユーザーへ届けることができます。

MDaemonメールサーバーは、
公開・非公開メーリングリストが簡単/柔軟に作成できます。
MDaemonのメーリングリスト機能について


ページトップへ

プライベート「非公開型」メーリングリストの活用例

「非公開型」メーリングリストとは、参加者を広く集めるのではなく、特定の人だけで利用するメーリングリストです。登録には管理者の承認が必要で、登録作業自体も管理者自身が行うのが一般的です。社内の特定の部署でメンバー間のやり取りをする場合など、身内でのコミュニケーションに適しています。

異業種交流やビジネスマッチング

実際滋賀県で成功事例となっていた活用例です。企業間で、情報交換や交流を行うことを目的としてメーリングリストを活用したそうです。会員制のメーリングリストを利用することで、機密性や情報の質の向上も図れたそうです。

学校や幼稚園での連絡網として

学校や幼稚園では、行事が頻繁に発生しますが、これを保護者の方にリアルタイムに連絡するにも、メーリングリストが便利です。メールを配送した瞬間に、保護者の方の携帯に連絡が到着しますので、重要な連絡事項から、小さな日々の出来事まで、きめ細かな連絡が行えるようになります。

MDaemonメールサーバーは、
公開・非公開メーリングリストが簡単/柔軟に作成できます。
MDaemonのメーリングリスト機能について


ページトップへ
Copyright c 2013-2015 WarePortal